読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スプレーホワイトダブルを比較に比較し「厳選」した1つの商品 | ミルフィーユクリスマスの評価~!

じっと見つめています。。いつぞや!花写真で出会ってから!いつか本物を手元で育てたいと思い続けて来た花株です。

これっ!

2017年01月21日 ランキング上位商品↑

ミルフィーユ スプレーホワイトダブル クリスマスミルフィーユ系スプレーホワイトダブル 現品 クリスマスローズ ダブル 開花株 2017年1月20日撮影 ひと花開花し蕾は9個

詳しくはこちら
 b y 楽 天

この点は、育種家・ナーセリー・販売店を吟味して選ぶ事で、ある程度、解決する事が出来ました。いまいちぱっとしない!冬の我が家の庭をかわいく彩ってくれそうです。来年から冬が楽しみになります。似た様な白色のスポットやブロッチの入った花株には、今までも幾つか出会いましたが、残念ながら購入したい花株ではありませんでしたし、ネットショップさんで好みの花株写真に出会っても、既に他の方が入手していました。開花株を購入する時に、好みの花だけ見て購入する事には、リスクが伴う事も知りました。プロの手で、、全身全霊の技術を持って、大切に温室で育てられた花は、次の年に同じ様な花株で、同じ花を咲かせる事が少ないのも経験しました。良い品をありがとうございました。裏側が純白の花弁に、表側には明るい赤系のスポットがフラッシュ状に入り、花自体の直径も7.5〜8cmも有ります。それ迄、しっかりと育てられてきた物であるのか?否か?DNAもそうですが、温室一辺倒で育てられてきた物や、土質が良くなくて、根が良く育っていない物は、入手後の生育が良くありませんでした。現在は、素人の手に渡っても、手入れをして育てれば、購入時の花株が育つように改良されて来ているのを感じて、嬉しく思っています。さて!この子が将来!見事な花株になる事を夢見ながら!楽しんで育てて行きたいと思っています。又、利用させて頂きます。花の模様が分かる様にと、上向きの花形を目指している事も聞きますけれど、クリスマスローズは、このうつむき加減の姿が、私は大好きです。この花は、欲しくて欲しくて、捜していた花株です。又、開花株を購入して、してやったりとニンマリしても?株姿も大切であり、全体を見極めて購入しないと、その後、『鳴かず飛ばず』の花の乏しい株に当たってしまう事もあり…と。やや!うつむき加減の花は!見栄えがします。私の失敗談ですが!クリスマスローズを購入し始めの頃は!良くクリスマスローズの性質を理解していない事があり!選び間違いをしたこともありました。この子は、花茎もしっかりしていますし、脇芽も大き目なのが2つ有ります。